SOLUTION

バックアップ(同期)ツール
Carbonite Availability & Carbonite Moveについて

Carbonite Availability & Carbonite Move

概要

Carboniteは、バイトレベルのDisk-to-Disk高速データレプリケーション、ならびにアプリケーションのフェイルオーバーを実現します。
Carboniteは、データの保全&高可用性を向上させるソフトウェアであり、ローカル環境の可用性向上・WAN経由のディザスタリカバリーなどをローコストで実現できる容量無制限のツールです。

万一のサーバー障害、自然障害、人的ミスから重要なデータを守ります。また業務の継続性向上のより ビジネスの機会損失回避を実現します。


1.高速データレプリケーション
フェイルオーバー
Carboniteは、Windows Serverで運用されている各種データのバックアップを高速なデータレプリケーションで実現するソフトウェアです。
フェイルオーバー機能も搭載されておりサーバーの二重化を実現したアベイラビリティを向上させることができます。

2.WAN回線の有効性(ディザスタリカバリー)
データ圧縮機能をもち複製転送することができるので、狭い帯域での遠隔地リカバリーが可能です。

3.既存サーバー環境に容易に導入
Carboniteだけの高速レプリケーション技術は、複数の手法であらゆるシステムの構成要件に対応します。
既存のサーバー環境に導入することができるため新たなシステムの導入が不要です。

4.フルサーバーフェイルオーバー
Carboniteのフルサーバーフェイルオーバーは1対1構成でソースのシステム領域を含む全データをレプリケーションし障害発生時には自動再起動でソースサーバーと全く同じ環境を利用可能です。
業務のダウンタイムを最小限に抑えることが可能です。

機能

○ サーバーの冗長化(HA)
Carboniteは使用中のサーバーシステムの冗長化が容易に構築できます。
  • 高価な共有型ストレージシステムが不要
  • 複数台のサーバーに対して1台のバックアップサーバーで構築可能
  • 既存の環境を変更せずとも既存システムと同一のHDD容量を持つバックアップ機器を用意するだけ

○ ディザスタリカバリ
Carboniteは低コストのリカバリーシステムを構築可能
  • TCP/IP通信でリアルタイムにデータを複製し、遠隔地でのデータ保全に努めます

○ 仮想サーバー上のデータ保全
Carboniteは仮想サーバー上のデータを保全するメニューも揃っています。
  • 仮想サーバーから仮想サーバーへレプリケーション・フェイルオーバーが可能
  • 物理サーバーから仮想サーバーへレプリケーション・フェイルオーバーが可能
  • 仮想サーバーと物理サーバーの混在環境あるいは、Windows Server、Linux Server混在環境でもレプリケーション・ フェイルオーバーが可能

○ サーバー移行時のデータ移行
Carboniteはオンプレミス環境→クラウド間のサーバー移行が実現可能です。
業務を中断すること無くデータ移行が可能で有りシステム領域全体の移行ができます。

○ 複数拠点へのデータ配信
Carboniteは既存のサーバーシステムを運用しながら段階的に情報の共有化が行える柔軟な使用方法が可能です。

○ Windows Serverでも数ペタバイト規模のレプリケーションが実現可能です。
Carboniteは容量の制限が無く、環境され整えば制限無くレプリケーションが可能

技術概要

レプリケーション

ストレージに対するI/O発生は予測不可能なものです。Carboniteは非同期レプリケーションを実現することで 高いパフォーマンスを継続する技術を持っています。

書込み技術

データ転送をターゲットで受けて書込むタイミングは非常に重要な技術です。Carboniteはデータ転送を受けた順番を完全に保ち、 正確にデータ保持する技術を持っています。データキューやベージキャッシュなどの効率的な活用で無駄なく超高速に保存します。 データベースなどのトランザクションを重視するソフトウェアにも重要です。

製品の種類

・Carbonite Availability Virtual
・Carbonite Availability Physical
・Carbonite Move Per-Use
・年間ソフトウェアサポート(2年目以降)

※ 価格はお問い合わせください。
Copyright © 2024 Dataonstor. Corp,
サイトポリシー | プライバシーポリシー